面と動きの融合。メリハリはつけ過ぎずナチュラルなギャップでなめらかな立体感を演出。